メディケアーブログ

横浜市鶴見区・豊岡小学校で開催された『福祉体験』の授業に参加しました。


2014年10月8日(水)に鶴見区豊岡小学校で開催された『福祉体験』の授業に、私たちメディケアセンターも参加させて頂きました。

『福祉やユニバーサルデザインについて学ぶ』をテーマに、小学4年生を対象に、106名の生徒さん達が福祉体験授業に参加されました。

主に「車いす」を中心に体験してみるために、2人1組で介助者、利用者役を交代しながら校舎内を「車いす」でまわって頂き、その他、「歩行器」や、「歩行補助杖」「電動車いす等」いろんな福祉用具にも触れて頂きました。

今回、「車いす」を実際に体験して頂いたことで、「車いす」を利用されている方がどのような状況で生活されているのか、またどのようなことに不便に感じるのか等を、参加された皆さんに考えて頂ける機会が設けられたのではなかったかと思います。

私自身も、今回、『福祉体験』に参加させて頂いたことで、介助することの大変さや、「車いす」を利用して生活していく上での環境設備の大切さを、改めて実感することができました。

また、生徒の皆さんには、福祉用具を利用することで、障害のある人の行動範囲が広がることや、「車いす」を体験してみた事で福祉に興味をもって頂けたのではないかと思いました。

これからも、私たちメディケアセンターは、今回の様な機会があれば、ご協力をさせて頂き、お役に立てさせて頂ければと考えています。