メディケアーブログ

ブラインドサッカーを体験してきました。


平成26年11月24日(月)国立代々木競技場フットサルコートにてブラインドサッカーを体験してきました。

ブラインドサッカーはご存知でしょうか?
ブラインドサッカーとはイマジネーションとオリエンテーションを駆使した5人制サッカーです。また、視覚障がい者と健常者が同じフィールドでプレーする事の出来るユニバーサルスポーツでもあります。

使用するボールも特殊で、ボールの内側に鈴が付いており音でボールの場所を知らせます。
よって、プレーヤーとプレーヤーをサポートするバックアップのメンバーが協力しチームワークが大事なスポーツなんです。

体験会ではアイマスクを着用し、視界を遮断し始まりました。

はじめに、6人1チームで3人ずつに分かれ、講師の方が実演する体操を目隠しをしていない人が目隠しをしている人へ言葉でどんな体操をしているか正確に伝え見本と同じ体操が出来ているかが大事だったんですが・・・

『肘を伸ばして』『足を曲げて』『上半身を回して』・・・うまく伝わらない。

全然伝わらないのです。
『肘を右方向に伸ばして』『左足を横にずらして伸ばして』などより具体的に指示しないと見えない人には伝わらないのです。

ん?これって普段の業務と通じる部分があるよね。周囲からそんな会話が出てきました。

指示をする側、指示をされる側、双方とも理解したつもりだったが思惑と違っていたという経験はありませんか?具体的に指示をすることの大事さをスポーツをしながら感じました。

その後は、元Jリーガーの北澤さんも加わり、ドリブル・パス・シュートとアイマスクを着用しながら、チームメンバーの指示を受けながら体験が終了しました。
普段ではめったにできない経験が体感でき楽しかったです。

また、当日は『IBSAブラインドサッカー世界選手権2014』の決勝などが行われており、私たちは、5位決定戦の日本代表戦も観戦してきました。
メディアでも連日報道されていましたので、観戦者も多く会場は熱気に包まれていました。