メディケアーブログ

第9回日本縟瘡学会・神奈川在宅セミナーにおいて、商品展示をいたしました。


2016年2月28日(日)に第9回日本褥瘡学会神奈川在宅セミナーが「鎌倉プリンスホテル」で開催され、私達メディケアーも福祉用具貸与事業所で唯一、商品展示のお手伝いをさせて頂きました。

日曜日にも関わらず、当日は介護サービス従事者、医療従事者の多くの方々が参加し、真剣な眼差しで講義に耳を傾けておりました。

セミナーの内容は、もちろん褥瘡に関する内容を中心に行われ、最初にふくろ皮膚科クリニック院長の袋秀平先生より「在宅における縟瘡管理の推進」について、続いて藤沢市民病院皮膚・排泄ケア認定看護師の内藤亜由美先生から「縟瘡の発生とアセスメント」のご講義を頂き、ランチョンセミナーでは、湘南鎌倉総合病院形成外科・美容外科の山下理絵先生より「傷ケア・エイジングケア」の講義をして頂きました。

午後からは、横浜市立大学附属病院理学療法士の小林寿絵先生から「圧迫・ずれ力とリハビリテーション」について、湘南鎌倉総合病院皮膚・排泄ケア認定看護師の田村律子先生より「スキンケア」について、鶴巻温泉病院管理栄養士の高崎美幸先生より「栄養」について、最後におかべ形成・整形外科クリニック院長の岡部勝行先生より「褥瘡の治療」についてのお話を聞くことができました。どの先生方も事例を踏まえながら、わかりやすい講義をして頂きました。

私達メディケアーは、車いす及び車いす用クッション、歩行器を展示させて頂き、セミナーの合間に展示ブースに立ち寄られた皆様に新商品のご紹介や使用方法をご説明させて頂きました。
また福祉用具のカタログや認知症予防を目的としたコグニサイズのチラシをお配りし、ご興味をお持ち頂けたご様子でした。

また弊社以外にも、床ずれ防止マットや体位変換器、クッション等の取扱いを行っているメーカーや、食品メーカー、医療品メーカーの皆様方も展示を行っていました。

私たち自身も床ずれ予防及び処置に関しての様々な知識や製品を知る事が出来た一日になりました。
今後も様々な活動を通じ、皆さまに役立つ情報の提供や、さらに進化していく用具の知識向上に励んでいきます。