メディケアーブログ

第7回 ケアカフェ・しょうなん


2016年5月24日(火)に「第7回ケアカフェ・しょうなん」がメディケアー本社で開催されました。

今回のテーマは「チームワーク」についてのディスカッションでした。
4人ほどのグループに分かれて意見を出し合い、ある程度時間が過ぎた所で色の違うイスに座った1人を残しつつ、他のグループへ周り、自分のグループで挙がった話を別のグループの方々と意見を出し合っていくやり方でした。

チームワークを体験する上で、フラフープを囲んで8人ほどのグループを作り、ひとりずつ人差し指の上に乗せて協力しあいながら地面まで降ろしていく。というグループワークを行いました。
初めて顔を合わせる人ばかりでしたので、下に降ろしていくどころか上に上がっていく一方になってしまいました。

原因がなんなのか発言に遠慮をする人もいらっしゃいましたが、その中でもリーダーシップをとって色々な方法を提案し、目標の地面にフラフープを到達させるグループもありました。
コミュニケーションを多くとっていることでただ集まった「グループ」が「チーム」となり、組織的に動けていたのではないでしょうか。

今後、地域包括ケアシステムに移行していく中で、重要なのは医療と福祉の連携。つまりはチームワークが求められます。
今回、ケアカフェを通じ、チームワークという当たり前のように使っていた言葉について改めて考え、また別の職種の方からの意見を聞くことができ、大変勉強になりました。
今後もこういった活動のお手伝いをさせて頂くことで、医療と福祉の「チームワーク」の強化のお手伝いができればと思います。