メディケアーブログ

今日から8月です!


またまただいぶご無沙汰してしまったブログを久々更新です。

本日から8月に突入!
メディケアーは今月が決算月となります。

という事とは全然関係ないネタを本日は書きたいと思います。

今回のテーマは「弁護士」
まずは世界から見た大規模事務所ランキング!

1位 ベーカー&マッケンジー(アメリカ) 4004人
2位 ディーエルエーパイパー(アメリカ) 3746人
3位 クリフォード・チャンス  (イギリス) 2518人

と、英語圏の法律事務所が圧勝状態であります。
ちなみに、100位以内までに日本の法律事務所はありません~。
英語圏圧勝のなか、中国の「大成律師事務所」が10位にランクインしております。(国策で大きくしている模様です)

しかし近年は日本にも巨大なローファームが登場してきております。

1位 西村あさひ法律事務所
2位 長島・大野・常松法律事務所
3位 アンダーソン・毛利・友常法律事務所
4位 森・濱田松本法律事務所

2012年3月末のデータですが、この上位4事務所の規模は300人を超える弁護士さんが働いております。ちなみ全て東京都が所在地です。

それでは日本の弁護士とは?
・弁護士の使命・原点
「自由と正義」←会合の名前です。「社会正義の実現」←第一条
強制加入団体・・・懲戒権は、弁護士会が持っています。

平成2年ぐらいまでは、司法試験合格者は500人程度だったのですが、平成18年 法科大学院卒業 新司法試験組登場により現在は毎年2000人の合格者が生れています!

報酬は、主に「着手金・報酬制」と「タイムチャージ制」に分けられます。(ケースによってメリット・デメリットが分かれます)
ちょっと書くと。。。
「着手金・報酬制」は金銭トラブル・不動産トラブル・離婚トラブルなどなど
「タイムチャージ制」は成功・不成功が判然としないもの
(M&Aの買収監査・契約書チェックなどなどです)

報酬チェックポイント!
委任契約書(弁護士さんと結ぶ契約書)には弁護士報酬に関する事項を盛り込まないといけません。委任契約書の作成は弁護士さん側の義務です。←(弁護士職務基本規定30条です)
・・・委任契約書は細部まで確認する事が重要です・・・

ちなみに裁判とかにかかる時間なんですが
・地裁の終結までの平均期間は約1年
・労働審判の終結までの平均期間は3~4か月(最高3回で終結です)

と!今回はこういうネタでブログを書いてみました。
何とかもっとブログ更新頻度を上げなきゃいけないあおむしパパなのでした。